2013年03月16日

■モニターとCRCのためのGCPメル“ガマ”vol.528■


凧が一番高く上がるのは、風に向かっているときである。
風に流されているときではない。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■モニターとCRCのためのGCPメル“ガマ”vol.528■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013/3/18 vol.528



■■■今週の「医薬品ができるまで」■■■
      ↓   
今週は「医師の治験への取り組みに対する現状調査」です。
      ↓
http://chiken-imod.seesaa.net/



■■■ 今週の「ホーライ製薬」 ■■■
      ↓ 
今週は「新医薬品のRMPについて」です。
      ↓ 
http://horaiseiyaku.seesaa.net/




★==============================★
 ***** Contents *****
★==============================★

1)最近の業界トピックス
2)3日であなたを変えるおすすめの本
3)GCPに基づく確認試験問題
4)基礎医学・薬学知識
5)とっさの一言英語
6)人生の達人になる方法
7)3秒で分かる仕事のコツ
8)3分で人生を変える今週の一言
9)3年は楽しめるおすすめの映画、DVD、音楽
10) 科学こぼれ話し
*編集後記




AD━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

■■ 3月開催 技術情報協会セミナー・通信のご案内 ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【疼痛】治療薬開発における試験デザインの構築法
http://www.gijutu.co.jp/doc/s_303124.htm

◆【体外診断薬】の臨床試験の進め方と承認申請のポイント
http://www.gijutu.co.jp/doc/s_303123.htm

◆医療機器・製品への【抗菌性を付与させる技術】と薬事申請
http://www.gijutu.co.jp/doc/s_303125.htm

◆臨床試験の【データマネジメント】〜オーバクオリティ防止策〜
http://www.gijutu.co.jp/doc/s_303119.htm

◆『臨床検査値・画像データ・治験カルテ』と有害事象【通信】
http://www.gijutu.co.jp/doc/t_30302.htm

■その他、3月 開催関連セミナーは下記からご覧になれます。
http://www.gijutu.co.jp/doc/s_med1303.htm

AD━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1−1)ヘッドラインニュース(治験・臨床・創薬・新薬試験関係)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「平成24年度臨床研究に関する倫理指針適合性調査」の結果報告
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/chiken/

●治験コーディネーター(CRC)の日常〜薬剤師編〜
http://clinicalresearchcoordinator.blogspot.jp/ <<<<<<<=====参考になりますよ。

●GPSP省令の改正&GPSP省令の改正に関する施行について  <<<<<<<<====●●●必見!●●●
https://sites.google.com/site/zhiyanniguansurutongzhiji/gpmspnokaisei

●ICH-GCPナビゲーター 国際的視点から日本の治験を考える
http://www.jiho.co.jp/shop/list/detail/tabid/272/pdid/44454/Default.aspx

●基盤研 創薬支援戦略室設置で中計変更、連携体制整備
http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226572510391.html?pageKind=outline

●JSCTR 認定GCP パスポート教本(第二版)発売のお知らせ
http://www.j-sctr.org/JSCTR_textbook_130313.pdf

●もっと、ご覧になりたい方はこちら
      ↓
http://chiken-adventure.seesaa.net/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1−2)ヘッドラインニュース(製薬業界)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●新規作用機序のパーキンソン病薬の承認了承−第一部会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130308-00000012-cbn-soci

●UMNファーマが大幅反発、インフルエンザワクチンの第3相臨床試験が結果良好
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201303120033

●もっと、ご覧になりたい方はこちら
      ↓
http://horai-biz.seesaa.net/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1−3)ヘッドラインニュース(臨床の現場)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●新型出生前診断、来月にも=高齢妊娠など限定、学会指針―病院を審査、登録
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130309-00000103-jij-soci

●抗生物質効かない細菌急増 米、10年で検出率4倍に
http://www.asahi.com/tech_science/update/0308/TKY201303080037.html

●<TPP>国民皆保険の維持に不安…交渉参加表明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000099-mai-bus_all

●もっと、ご覧になりたい方はこちら
      ↓
http://medical-news.seesaa.net/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1−4)ヘッドラインニュース(iPS細胞と再生医療のニュース)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●第11回 iPS細胞を利用して、難病のメカニズムに迫る
http://www.ips-network.mext.go.jp/about/story2/no11.html

●小児難病、滑脳症発症過程の一部をiPS細胞で再現成功(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130312k0000m040124000c.html

●もっと、ご覧になりたい方はこちら
      ↓
http://horai-science.seesaa.net/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1−5)ヘッドラインニュース(研修・セミナー・専門会議等)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●次世代創薬のかたち - 大阪医薬品協会
http://www.dy-net.or.jp/osirase/documents/o201303.pdf

●臨床試験におけるデータ標準:CDISCの適用と今後の展開
http://www.jmacct.med.or.jp/information/files/news_20130322.pdf



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1−6)ヘッドラインニュース(科学ニュース)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●東日本大震災を踏まえた今後の科学技術・学術政策の在り方
http://www.koho2.mext.go.jp/159/index.html#page=41

●メタンハイドレートの試験採取成功…愛知沖
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130312-00000555-yom-bus_all

●もっと、ご覧になりたい方はこちら
      ↓
http://horai-sciencenews.seesaa.net/






AD━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

■4月【情報機構】注目セミナー

 ▼4月11日 医療機器・体外診断薬の中国登録申請と保険適用
  http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA130437.php?horai

 ▼4月12日 薬物動態試験のデータを踏まえた研究開発の"Go/Not Go"
  http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA130419.php?horai

 ▼4月15日 米国での医療機器・福祉機器 製品開発からFDA申請、販売
  http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA130405.php?horai

 ▼4月4日 CSV-SOPの考え方と作成および運用管理のポイント
  http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA130431.php?horai

 ▼4月5日 コンピュータ化システムバリデーション関連文書の書き方
  http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA130432.php?horai

■GCP、臨床開発、GVP、GPSP;関連セミナー・書籍 一覧
   http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/gcp.php

AD━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2)3日であなたを変えるおすすめの本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●お勧めのビジネス書:『人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか』

以前、このメルマガで「全てがFになる」というミステリ小説を紹介した。
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062639246/horaihonoyomu-22/ref=nosim/

この傑作ミステリ小説を書いた「森 博嗣」の画期的「思考」論が、今週、ご紹介する本です。

著者は名古屋大学の工学部の助教授時代に「全てがFになる」を発表し、その後、作家業に
専念する。

この工学博士兼ミステリ作家の「森 博嗣」が「思考方法」を展開している。

内容は「いかにして抽象的な考え方を育てるか?」になる。

私たちは「熟考」したつもりでも、思い込みや常識など「具体的」な事柄に囚われてしまう。

「問題」に直面した際、本当に必要なのは「抽象的思考」なのだ。

「疑問を閃きに変えるには?」「“知る”というという危険」「決めつけない賢さ」「自分自身の育て方」・・・・など等。

「森 博嗣」らしく、実に理論整然と書かれている。

また、普段「なんとなく、ぼんやり感じている“気になること”」を彼が「腑に落ちる」ように解説してくれる。

抽象的、または客観的な思考をするにはどうすればよいか、またそういう思考をすることによってどういったメリットがあるか、という話です。

特に「人間関係を抽象的に捉える」の第2章は出色の論文だ。

例えば・・・・・

「人間関係」においても「楽しさ」には、ある程度の苦労が必要となる。

我慢をして初めて得られる、という関係だ。

「我慢をする」と簡単に言っても、そこには最低限の「相手を理解すること」が必要になる。

「相手を理解して」こそ自分で納得できるから、人を許すことができるようになる・・・・・・というような。


人生の諸問題を「抽象的に」かつ「客観的に」考えるためのヒントが各所にある。

そして最後は自分を成長させるために「考える“庭”を作ること」を提案している。

「森 博嗣」ファンにはもちろんのこと、彼のミステリ作品を全く知らない人にも役立つ「考えるヒント」集だ。


この本で「全ての人がF」になれるか?・・・・僕は成れると確信している。

(ちなみに、本書は「新潮新書」最長の書名となっている。)

●『人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106105101/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/awemurx



(おまけ)

村上春樹が「1Q84」以来の長編小説を出す。

今、アマゾンと楽天で予約ができます。(もちろん、僕は予約済。4月12日に発売予定。)

これまた、タイトルが長い!

●「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹著)(アマゾン)
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163821104/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹著)(楽天)
   ↓
http://tinyurl.com/afs9mg3





▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

◆新入社員にお勧めの本
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html

■自己啓発のおすすめの本
http://horaisuccess2.web.fc2.com/book001.html

■おすすめのミステリー小説
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ 製薬協作成「治験119」の紹介 ■□■ 528
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<< 質問 >>322p

質問番号:2012-46 治験薬の温度管理の記録方法

当院では、治験依頼者毎の温度管理に対する様々な要求に対応するため、以下の要件を
満たす治験温度ロガーを導入しました。

・1年に1回の機器の校正と、校正証明書の発行
・温度測定だけでなく、記録できるデータロガー
・停電に備え、バックアップ機能付き
・10分間隔での測定
・温度逸脱や機器故障の際、即座にアラーム発報
・数分経ってもアラーム解除されない場合のメール送信(夜間・土日祝日の対応のため)
・ログは画面上でも確認出来るが、CRAの確認・写し提供のため月1回のプリントアウト
・月に数回、機器が正常に作動していることを確認


導入後、いくつかの治験依頼者より、治験薬取扱手順書に記載があるということから、以下を要求されました。

・ログのプリントアウトを1ヵ月毎よりも頻度を上げる
・1日に1回は、人による温度逸脱の確認が必要
・毎日確認した担保として確認日時とサインで記録が必要
・1日の最低値・最高値が一目で分からず、取扱手順書の要件を満たさないため、手順書に記載の様式しか認めない
・取扱手順書に温度記録書(様式○)とあり、それ以外の様式は認めない

GCPのガイダンス(旧:運用通知)の第39条に「手順書に従い」とありますが、
当院としては治験薬管理の原理原則を大きく超えての過剰な対応と考えております。

製薬協医薬品評価委員会として、上記の要求に対するご意見をお聞かせください。

また今後、施設側の温度管理に対する、製薬協の見解の統一は考えていらっしゃいますでしょうか。



<< 製薬協の見解 >>

治験薬保管場所の温度チェック及びその記録の方法については、GCPにおいて明確な基準は
示されていません。

しかし、その目的が、治験薬管理手順書に記載された保存条件に従って適切に治験薬を管理
すること及びその事実を第三者にも説明できることであることを考えますと、重要なポイン
トは以下のような点注)であると思われます。

・保存条件からの逸脱が生じた場合に、それを感知できること
・逸脱の程度(最大温度差)と期間(時間、日数)が把握できること
・逸脱の発生を治験薬管理者が速やかに知り、対応できること
・アラーム及び電子メールシステムを利用している場合には、当該機器・システムが
定期的にテスト・メンテナンスされていること

一般論としましては、貴院に導入されている温度管理システムは上記ポイントをカバー
しているものと考えますが、逸脱感知の精度をどの程度に設定するか等の詳細な管理
方法につきましては、治験実施計画書の規定(投与スケジュール等)及び治験薬の特
性に依存するところが大きいものと思われます。

したがいまして、貴院での温度チェック及びその記録で不十分とされた点につきましては、
治験依頼者にその理由を確認したうえで、対応を協議されることをお勧めします。

なお、上記のような理由により、製薬協としての治験薬保管場所の温度チェック及び
その記録の方法についての統一基準は示せませんが、回答のような考え方を示してい
くことで、加盟会社が過剰な対応を要求することがないよう、啓発をしていきたいと考えます。


★その他の「治験119番」はこちら。
    ↓
http://www.jpma.or.jp/about/board/evaluation/tiken119/





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4)GCP関連問題 GCPに関する問題 GCPガイダンスに基づく試験問題(P4)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

問題13

10 この省令において「 A 」とは、被験者に対する治験薬又は製造販売後
臨床試験薬の投与及び診療により得られたデータその他の記録をいう。





」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

A=原資料





問題14

11 この省令において「 A 」とは、実施医療機関において、治験責任医師の
指導の下に治験に係る業務を分担する医師又は歯科医師をいう。





」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

A=治験分担医師




問題15

13 この省令において「 A 」とは、原資料のデータ及びそれに対する
治験責任医師若しくは治験分担医師又は製造販売後臨床試験責任医師若しくは
製造販売後臨床試験分担医師の評価を被験者ごとに記載した文書をいう。





」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

A=症例報告書




■■■■ GCP問題集 ■■■■
    ↓
http://horai-gcp-test.seesaa.net/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■治験担当モニターとCRCに必要な基礎医学知識、薬学の試験問題、カルテ用語 (生理学・臨床医療)2006191
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q1.炎症の指標になるのは、通常次のどれか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(1)Na  (2)LDH  (3)ESR







Answer~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

正解は (3)ESR です。

赤血球沈降速度 erythrocyte sedimentation rate (ESR )






Q2.次の文章の (A)に入るのは?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「WBCの増減はほとんど(A)の増減とみてよい」


(1)好中球 (2)好酸球 (3)好塩基球







Answer~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
正解は (1)好中球  です。

白血球数(WBC) white blood cell count (leukocyte count)




■■モニター・CRCに必要な知識、CRCに必要な知識、医学知識、薬学知識、カルテ用語■■
    ↓
http://cra-hilevel.seesaa.net/





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8)冷や汗モン、とっさの一言英語
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次の( A )に入るのは?

He was busy one way and ( A ) last week.

(1) other (2) another (3) one






Answer~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(正解)(2) another
(訳)彼は先週あれやこれやで忙しかった。

(解説)「one way and another」で「あれやこれや」



●TOEIC公式問題集
  ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4906033431/horaihonoyomu-22/ref=nosim/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9)成功する方法(やる気が出るヒント)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「飛行機で飛んでも行ってもすぐ走れる」

ハイレ・ゲブレセラシェ(陸上マラソン)


マラソンの世界記録保持者であったゲブレセラシェは、1万mでも無敵を誇る。

1万mの選手だった頃の彼は、とてつもなくハードなスケジュールをこなしていた。

2月にイギリスの大会に出場して、3月は日本で中距離を2本、走った。

大会の2日前に東京へ入り、その日のうちに大会会場の群馬に移動するという強行スケジュールだった。

翌日の午前中は練習し、午後には3社のマスコミインタビューに答え、翌日3000mを走って優勝。

1日おいて1500mで、これまた優勝した。

これほどタイトなスケジュールで大丈夫なのかとたずねられて、ゲブレセラシェは答えた。


「そんなことはレースでは大きな問題にならない。3000mぐらいの距離ならね。
むろん、ある程度時間的余裕は大切だし、取れるならば多く取るのに越したことはない。
でも、与えられた状況で走るだけ。それよりも、問題はいかに素晴らしいコンディションにあるかということ。」


人間はとかく、無いモノねだりをするが、本当にないときには、それを思うこと自体が心を乱してしまう。

ゲブレセラシェは無いモノは全く、欲しがらない。

そうすることで体と心のコンディションを常に保っていく。

そして、世界記録に挑戦したのだ。


●ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10)3秒で分かるビジネススキル 528
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●プレゼンは制限時間を1分でもオーバーしたら最低だ。

司会者から「リン」を連打されても「我関せず」と話し続けるプレゼンターが
いるが、こういう人は「自分が何を言いたいのか分かっていない」のだ。




★3秒で分かるビジネススキル(ブログ)
http://threesec-skill.seesaa.net/

★3秒で分かるビジネススキル(サイト版)
http://horaithreesecbz.web.fc2.com/index.html

★「仕事のコツ・仕事うまくやる方法」のサイト(新)
http://shigotonokotsu.web.fc2.com/index.html

★「仕事のコツ・仕事をうまくやる方法」のサイト
http://businessknack.web.fc2.com/





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11) 3年は楽しめるおすすめの映画、DVD、音楽
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ドヴォルザーク 交響曲第8番 第4楽章
       ↓
https://www.youtube.com/watch?v=kOTvLSK2Awk

ドヴォルザークと言えば交響曲第9番の「新世界より」が有名だが、
僕はそちらよりも、こちらの第8番のほうが名曲だと思う。

特に第4楽章は圧倒的に第8番のほうがよい。

今週、紹介する演奏はアバド指揮によるもの。(演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)


アバドは現代的な感覚で、楽譜から斬新な響きを引き出し、美しいカンタービレが空間を満たす。
熱狂的でエネルギッシュな演奏、そして彫刻を見ているかのような造型美――

アバドの演奏は、いささかの誇張もやりすぎもなく、音楽の魅力を的確に聴き手へと届けてくれる。

ドヴォルザーク 交響曲第8番としてはアバドによる唯一の録音。

当時音楽監督をつとめていたベルリン・フィルとのライヴによるドヴォルザークの
もっとも有名な交響曲のひとつと、R.シュトラウスの2曲の交響詩とのカップリング。

R.シュトラウスは1992年の大晦日コンサートでの録音。

いずれもベルリン・フィルの圧倒的な演奏とアバドの音楽性が見事に合致した名演奏です。

ライヴ録音とは思えないほどの完成度を誇ります。



      
★「ドヴォルザーク 交響曲第8番」(アバド指揮:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001FL1264/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「ドヴォルザーク 交響曲第8番」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/aop3dbh


●実は娘が入っている東京薬科大学ハルモニア管弦楽団の4月28日に開催するスプリングコンサートのメインの曲がこれなのだ。
    ↓
http://harmonet.web.fc2.com/concert_v2.html


★★★「おすすめクラシック、おすすめジャズ、おすすめポップス」
     ↓
http://horai-music.seesaa.net/


★★★「おすすめの映画」
     ↓
http://horai-movie.seesaa.net/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜 季節のうつろひ 〜〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

春の季語「桜」

●ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな  鬼城

●見ゆるかと坐れば見ゆる遠桜  草城

●ひとひらの雲ゆき散れり八重桜  鷹女

●夜桜や物の怪通るとき冷ゆる  春樹


今年は桜の開花が早いようで。



★声に出して味わう日本の名俳句100選
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806119008/horaihonoyomu-22/ref=nosim/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■ 今週の名言 ■■■■■■ 528
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された。

ビル・ゲイツ(マイクロソフト社創業者)




●賢人たちに学ぶ「道をひらく言葉」
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761268530/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●賢人たちに学ぶ「自分を磨く言葉」
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761268808/horaihonoyomu-22/ref=nosim/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆科学ニュースのおまけ 2013/3/16
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●古代人も動脈硬化 世界各地のミイラで見つかる
http://www.cnn.co.jp/fringe/35029402.html

2000年ぶりの健康診断ですか?


●ヒッグス粒子、ほぼ確実…欧州研究機関が見解
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130315-OYT1T00245.htm

どうでもいいのですが、この手の超大規模な物理実験の論文では研究者の名前を列挙するだけで2ページは占めるという。


●ダニ感染症:患者はすべて50代以上
http://mainichi.jp/select/news/20130315k0000m040085000c.html

う〜〜ん、注意しないと。





▼------【編集後記】---------------------------------------------▼

もし、1日が25時間になったら、あなたはその1時間を何に使いますか?

何に使うかを決断するところにあなたの個性があります。

僕なら「何に使うかを考える時間」にあてるかな。

                         ホーライ



●治験に関するニュースのまとめ
https://sites.google.com/site/chikenews/

●最新の医療ニュースのまとめ
http://medical-news.seesaa.net/

●日刊GCPメルマガはこちらから登録(パソコンでも登録できます。)
http://www.mag2.com/m/0001423050.html

●週刊モニターとCRCのためのGCPメルマガはこちらから登録
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

●ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

●ホーライ製薬(サイト版)
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/

●GCPの解説(サイト版)
https://sites.google.com/site/gcpnokaisetsu/

●GCPの解説(ワンポイントアドバイス)
http://gcp-explain.seesaa.net/

●治験に関する通知集
https://sites.google.com/site/zhiyanniguansurutongzhiji/

●モニターへの道
http://monitorhenomichi.web.fc2.com/index.html

●ホーライ製薬のfacebook
http://www.facebook.com/Horaiseiyaku

●ホーライのツイッター
http://twitter.com/horai_japan

●塚田 淳彦 (ホーライ) facebook
http://www.facebook.com/atsuhiko.tsukada

●ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/





余分なものを取り除いていくことにより、彫刻は完成していく。






●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●日刊GCPメルマガの登録・配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001423050.html




posted by ホーライ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | GCPメルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。